編集者、黒坂真由子のページです。

FrontPage

ニュース

・『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』 (瀧靖之/文響社)が、発売1カ月で10万部となりました。Amazon子育て部門では1位(総合では最高4位)とうれしいスタートを切りました。(2016年10月現在11万8000部となりました)

最近のお仕事

『ねないこはわたし』

画像の説明
(せなけいこ/文藝春秋 2016年7月)

『ねないこだれだ』のせなけいこ先生、初めての自伝的絵本です。親世代から子どもまで、3世代で楽しめるものになりました。
紙をとても大切にする先生。40年以上前の紙(男のほっかむり)がそのまま残っていたり、何十年も前のお弁当の包み紙(押し寿司)があったりと、小さな紙のきれはしまでそのままの状態で保存されていました。
今回、絵本として発表されていない初期の貼り絵作品を多数収録。また紛失したと思われていた『ねないこだれだ』などの一連のデビュー作の原画がみつかり(!)、本に載せることができました。


『1日5分「よい習慣」を無理なく身につけるできた事ことノート』

画像の説明
(永谷研一/クロスメディア・パブリッシング 2016年7月)

著者の永谷さんは、「人の行動を変える専門家」。行動定着を支援するITシステムで、日米で特許を取得されています。この技術を使い、企業や学校で「行動できる人はどんな人か」を分析し、人々が自分の人生を変える「最初の一歩」を踏み出すためにサポート。
本書はその技術をノートの形に落とし込みました。
サイトもあるので、どんな本かはこちらからチェックできます。
http://dekitakoto.jp/


『世界のトップ大学に編入する方法』

画像の説明
(山内勇樹/ダイヤモンド社 2016年6月)
著者の山内さんはご自身の経験から、アメリカの短大から4年制大学への「編入」という方法を用いて、500人以上の生徒を世界のトップ大学hへ送り込んでいます。本書はそのノウハウ本です。
日本での準備から短大での履修の仕方、成績を維持するための方法、教授の選び方、そして奨学金をもらう方法まで、これでもかというくらい実践的な「濃い」内容がぎゅっと詰まっています。


『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ』

画像の説明
(瀧靖之/文響社 2016年4月)

著者の瀧先生は、東北大学加齢医学研究所において、子供から大人まで16万人の脳画像をみてきた脳医学者。先生が長年とりためた脳画像のビッグデータから、子供の「賢さ」がわかるようになったといいます。例えば暗記力が優れている子供は実際に、「記憶を司る『海馬』の体積が大きい」など、具体的な数値として計れるようになっているというのです。
本書では、脳の成長に即した、子供の能力を伸ばすための「3つの秘密道具」の紹介と、その使い方も説明しています。また、受験生対策として、効率的な暗記方法などもご紹介しています。本書の最大の特徴は、膨大な脳画像がベースになっているということ。その意味で、ちょっと異色の子育て本です。


『やせなくても美人になれる くびれの魔法』

画像の説明
(片山やよい/CCCメディアハウス 2016年3月)

著者の片山やよいさんは、骨盤エクササイズのインストラクター。産後ママのボディリメイクだけでなく、最近は小学生にも骨盤エクササイズを指導しています。それは、最近の子供達の骨盤の状態が変わってきているからだそうです。
女の子は特に、間違った座り方が将来の女性系の体の悩みにまでつながる可能性があるというので、親子で注意が必要、というわけです。体育座りをして後ろに倒れてしまうかどうかでも、チェックすることができます。「美」だけでなく、実はものすごく健康に直結する「くびれ」。「美と健康はイコール」ということを改めて教えていただきました。


『「手抜き」でもぐんぐん伸びる「男の子」の育て方』

画像の説明
(藤川万規子/三笠書房 2016年3月)

「男の子育ては大変・・・といわれます。著者の藤川先生は、ご自身で開業という超多忙の中で3人の息子さんを育てた内科・小児科の先生です。時間がない中で、どのように子育てをしていくか、そのヒントが書かれています。手を抜くポイント、そしておさえておくべきポイントを明確に示してくれています。
また、男の子ならではの成長の悩みについても。近頃病院での相談件数も多いという発達障害についても、医者そして1人の母親の立場から、教えてくれます。「そんなの心配しなくて大丈夫」と言ってくれる人が周りにいなくなっている今日、その役割を果たしてくれる本です。


『覚えたら一生忘れない最強記憶術』

画像の説明
(川村明宏 川村真矢/KADOKAWA 2016年2月)

「パスワードが思い出せない」「2階に取りにいったものを忘れる」「平成何年かわからない」私はすべて当てはまります…!
でも、落ち込むことはない、と教えてくれるのが本書。そもそも人間の脳というのは「忘れる」ようにプログラムされているのだそうです。記憶の仕組みを知れば、効率的に頭に残すことができる。その方法をあらゆる角度、特にイメージ力を使った記憶方法で教えてくれます。


『こころ涌き立つ英語の名言』

画像の説明
(晴山陽一/青春出版社 2016年1月)

晴山陽一先生厳選の名言の数々。ユニークなのは、この本が見開き構成になっていることです。対になる名言が並んでいるため、読み比べながら、より言葉の深みを味わえる内容になっています。
校正中に思わず笑ってしまったり、ニヤリとしてしまったことも。うんうんとうなづいていいたり・・・! 英語力だけでなく、気持ちも前向きになる一冊。新年を前に、よい刺激をいただきました。
名言って、やはりいいですよね。


『勝負の日に「最高の私」になる30日レッスン』

画像の説明
(真織由季/WAVE出版 2015年12月)

ストレスケア・カウンセラーで、宝塚受験生の指導者でもある真織由季さん。当日に「最高」の自分にもっていき合格を勝ち取るためには、ただ頑張るだけでは難しい。本書はそのための心の持ちようだけでなく、具体的にできることを教えてくれています。例えば「寝る前3時間はものを食べない」。これだけで胃腸を動かしている脳が休まり、疲れの取れ方が全然違うとか。
「がんばっていれば、いいことがある」のではなく、「続けていれば、いいことがある」と、「継続すること」を後押ししてくれる本です。


『会社を辞めても辞めなくてもどこでもどこでも稼げる仕事術』

画像の説明
(山本由樹、安藤美冬他/SB Creative 2015年11月)

第一線で活躍される方々の得意分野それぞれのお話は、フリーランスの私にとって刺さる言葉が多いです。中村貞裕さん(billsなど朝食ブームを作り出した方)の「人脈術」の話を読んでいると「いかに人に自分が周りの人に貢献できるか」が述べられていて、貢献したことで自然と集まるのが人脈なのか、という気付きがありました。
カテゴリーで区切られていますが、それぞれの方の仕事に対する思いを読むこともでき、そういう読み方でも楽しめる本です。


『オンライン英会話すぐに使えるフレーズ800』

画像の説明
『オンライン英会話すぐに使えるフレーズ800』
(黒坂真由子、カリン・シールズ/日本実業出版 2015年10月)

オンライン英会話の本を出版いたしました。オンライン英会話では、必要な言葉がどうも違うらしい…と始めてすぐに気がつきました。私が言いたくて言えなかったのは「宅急便が来たので受け取ってきてもいいですか」。普通の英会話学校では、まず必要ないフレーズです。他にもSkypeのトラブルに対応できるフレーズも満載。レアジョブ英会話の生徒さん2500名の声を集めた本です。


『実践! ふだん使いのマインドマップ』

画像の説明
『実践! ふだん使いのマインドマップ』
(矢嶋美由希/CCCメディアハウス 2015年10月)

著者の矢嶋美由希氏は、20年間保育士として勤務をしてきた経験から、ビジネス以外の「子供の課題」や「お手伝い」など、身近な事柄にも焦点をあてています。こんな気楽に書いていいんだな〜と思わせてくれる一冊。32人のカラフルなマインドマップを眺めているだけでも楽しいです。以前書いていたけど最近は…という方も多いかもしれません。私もそんな1人ですが、この本を見ていると、猛烈に描きたくなります。


『2016年 英語手帳』

画像の説明
『2016年 英語手帳』
(有子山博美 クリス・フォスケット/IBCパブリッシング 2015年10月)

英語手帳はおかげさまで10周年を迎えることができました。2016年度から、エッセイを担当するのは国産バイリンガルとしてご活躍のRomyさんこと有子山博美さん。英語日記をかくためのコツなどもあらたに加わり、「英語で手帳を書く」「英語で日記を書く」が簡単に。

英語伝さんでいつも詳しく内容を説明してくれています。
http://item.rakuten.co.jp/eigo/englishorganizer1/#englishorganizer1


『モンテッソーリ流 自分でできる子の育て方』

画像の説明
『モンテッソーリ流 自分でできる子の育て方』
(神成美輝 著 百枝義雄 監修/日本実業出版社 2015年8月)

子どもの訳の分からない行動、イヤイヤには実は理由があった! その理由を知れば、子育てはもっと余裕のあるものになります。この本は、息子が通っていた保育園の園長先生にお願いして書いていただきました。モンテッソーリ教育では、「大人は子どもの能力を信じて、見守っていくこと」とされています。よかれと思って手や口を出しすぎて、子どもの伸びる力を削がないようにしなければと思う毎日です。


『400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法』

画像の説明
『400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法』
(髙井洋子/ダイヤモンド社 2015年8月)

物語形式で「儲けの仕組み」を教えてくれる本書。主人公遠山桜子は敏腕コンサルタント。その桜子が通うスープカレーの喫茶店はなんだかさえなくて・・・ 事実をベースに、数々の企業の鮮やかな儲けの仕組みを解説してくれる本書。先が気になり読み進めるうちに、経営の仕組みまで分かってしまいます。

『12歳までの読み聞かせが子どもの「地頭」をつくる!』

画像の説明
『12歳までの読み聞かせが子どもの「地頭」をつくる!』
(ランディー由紀子/WAVE出版 2015年7月)

読み聞かせというと、小学校低学年くらいまでかと思ってしまいますが、著者のランディーさんは12歳までと教えてくれます。ただ読むだけでなく、対話をしたりしながらの読み聞かせで、子どもはぐんぐん伸びると。疲れて寝落ちしてばかりの自分を振り返り、反省。巻末にはカラーでお勧め本リストが付いています。

『図解 お金持ちの教科書』

画像の説明
『図解 お金持ちの教科書』
(加谷珪一/CCCメディアハウス 2015年)

「自分がお金持ちになれない理由がわかったと大反響!」というキャッチの本書。ベストセラー『お金持ちの教科書』の図解版です。図とマンガで分かりにくい経済の概念もすっきり。著者がもともと記者だったこともあり、お金持ちの生態を詳しく解説してくれています。お金持ちとはなんぞや、ということが分かる一冊です。

『断薬セラピー』

画像の説明
『断薬セラピー』
(宇多川久美子/WAVE出版 2015年5月)

薬を使わない薬剤師、宇多川久美子先生による一冊。「断薬体験談」が豊富に盛り込まれているので、皆がどのように薬をやめていったのかがよくわかります。これを読むと、薬をやめるときに感じる不安が大幅に減っていきます。「子どものための断薬」についても書かれています。宇多川先生に出会って、本当に薬を飲まなくなりました。子どもも風邪で薬を飲むことはなくなりました。

『薬いらずで愛犬の病気は治る』

画像の説明
『薬いらずで愛犬の病気は治る』
(宿南章/WAVE出版 2015年5月)

たくさんの犬が原因不明の慢性疾患や皮膚病で苦しんでいます。「しゅくちゃん先生」は、薬を使わず栄養療法で、そんな難病のワンちゃんを助けてきました。多くの飼い主が「よかれ」と思って野菜を食べさせたり、老犬に「シニアフード」を与えたりすることで、多くの犬達が苦しんでいます。犬を元気で長生きさせるための、正しい知識が詰まっています。私自身はネコを2匹飼っているのですが、ネコにも通じることがたくさんあり、飼い方が変わりました。

『ネイティブママの魔法のフレーズ 子どもを「英語でほめて」育てよう』

画像の説明
『ネイティブママの魔法のフレーズ 子どもを「英語でほめて」育てよう』
(カリン・シールズ、黒坂真由子/日本実業出版 2015年2月)

カリンさんと一緒に、ママ向けの英語の本を出させていただきました。

長年勉強していても、なかなか思うように使えない英語。「子どもに同じ思いをさせたくない!」と塾に通わせるも、よけい英語嫌いに…… という自らの失敗もふまえた内容になっています。

母親が英語でほめたり、励ましたりすることで、子どもの中で「英語とうれしい気持ち」がセットに。バイリンガルに育てることはできなくても、「英語好き」にはできる、というのがコンセプトです。

英語で話しかけるというのは、自分を客観視すると恥ずかしくもありますが、慣れてしまったことに驚いています。しかもなかなか楽しいです。

ママと子どもの英語ストレスを減らせるように!と気合いを入れすぎ、文字数が多いと言われてしまいましたが……

https://www.facebook.com/eigodehomeru

『英語手帳 2015』

『英語手帳 2015』(井上久美、Chris Foskett/IBCパブリッシング)が発売されました。
翻訳者として、長年第一線で活躍された井上久美先生の思いがたくさんつまったものとなりました。元気がないとき、モチベーションが下がってしまったときに、きっと勇気づけられます。井上先生、本当にありがとうございました。
画像の説明

昨年度、楽天「能率手帳」部門で3,084商品中、1位をいただきました。
http://item.rakuten.co.jp/eigo/englishorganizer3/#englishorganizer3

出版サポート

本の出版のご相談を月にお一人承ります。
お問い合わせはこちらまでお願い致します。
mayukurosaka@gmail.com
本気で本を出版したいと考えている方が対象です。
熱意のある方のご連絡、お待ちしております。

過去のニュース

過去のニュース

その他のお仕事

今までで一番やさしい相続の本

画像の説明
税理士法人チェスター 監修 朝倉真弓 著(ダイヤモンド社 2014)
相続の基本を物語形式で解説。平成27年の相続税大幅改正にむけて、今から必要な準備や心構えをがわかりやすく書かれています。「相続税なんて関係ない」と思っていても、親がいれば「相続」というもろもろの手続きは必ず経験するものです。相続は備えが9割。基本的な知識を得たい人にお勧めです。

心の疲れをスーッと消す方法

画像の説明
真織由季 著(KADOKAWA メディアファクトリー 2014)
ストレスに打ちのめされて宝塚を去った男役スターが出会ったストレス撃退法。現在はストレスケアカウンセラーとして活躍する著者の「筋肉からアプローチする」というケア方法は、今までのストレスケアとは一線を画しています。「心の疲れは、心ではなく筋肉から解決」。実践できるストレッチも収録されています。

英語手帳120%活用法

英語手帳120%活用法

有子山博美 著/IBCパブリッシング (2013年10月)
英語手帳の効果的でもっと楽しくなる使い方を教えてくれる一冊。これで「英語=勉強」から卒業です。

英語手帳 2014

英語手帳2014

執筆/井上久美・Chris Foskett IBCパブリッシング (2013年10月)
累計ユーザー18万人突破。手帳の定番商品になりました。今年は暗記シートもついているので、英語学習がもっと効果的に。

英語手帳の公式サイトはこちらです。
http://www.ibcpub.co.jp/eigotecho/

『医療費と医療保険&介護保険のトクする裏技30』

医療費 医療保険 介護保険

早川幸子 著/ダイヤモンド社 (2013年9月)
読むだけで200万円節約できる! 誰も教えてくれない医療費節約の裏技がわかる。知ってると知らないでは大違い。

『フィンランド式 叱らない子育て』

フィンランド式 叱らない子育て

ベン・ファーマン 著 バレイ友佳子 訳/ダイヤモンド社 (2013年9月)
自分で考える子供に育てるための5つのルール。今日からできる、簡単で具体的な方法ばかり。横井智美さんのマンガでわかりやすく解説。

『糖尿病治療のための! 糖質制限食パーフェクトガイド』

糖質制限食

江部康二 著/東洋経済新報社 (2013年8月)
糖質制限食を世の中に知らしめた江部先生の集大成。医師を始め医療関係者、専門的な知識を得たい人必読の書。

『忙しすぎるお母さんの1日10分・7日間コーチング』

忙しすぎるお母さんの1日10分・7日間コーチング

ロレイン・トーマス 著 森田由美 訳/ダイヤモンド社 (2013年6月)
やることが多すぎて時間がない! と思ったときの一冊。「やることリストは捨てよう」など思い切った解決作で、自分の時間も確保できる。自分を大切にすれば、子供も大切にできるのです。

『マイホームは、中古の戸建てを買いなさい!』

高橋正典 著/ダイヤモンド社
マイホーム選びで後悔しないために、必ず読みたい一冊。中古住宅完全ガイド。

『1年めから必ず売れる 営業の基本』

部奈壮一  監修/新星出版
即戦力アップのためのサンプルトークが満載。一流企業ベテラン営業マンが語ったスキルも全公開。

『人脈塾 サラリーマンも「自分名刺」を持ちなさい』

關口勝生 著/阪急コミュニケーションズ

名刺をかえれば、効果的な人脈をつくることができる。これからの時代、会社の名刺を持っているだけでは、自分自身の人脈はつくれません。効果的な「自分名刺」の作り方から、その使い方まで丁寧に解説。
『人脈塾 サラリーマンも「自分名刺」を持ちなさい』公式ウェブサイトはこちら http://jinmyakujuku.com/

画像の説明 黒坂真由子のプロフィールに関してはこちら

今までの本 今までのお仕事に関してはこちら 今まで携わった本

個人の方へ

a:15206 t:7 y:17

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional