2018年に担当した本

『レタスクラブ ’18 2月号』

担当記事:関根麻里のスヌーピー・ワンフレーズ


出版社: KADOKAWA (2018/1/25)
ASIN: B0788XPZZT
https://goo.gl/dsNuCx

手紙にも呼びかけにも使えるDearの使い方を教えてくれます。

 

『ロボットーそれは人類の敵か、味方か』


中嶋秀朗(著)
出版社: ダイヤモンド社 (2018/1/18)
ISBN-13: 978-4478103654
https://goo.gl/3E92m7

ロボットの歴史はたった50年ほど。私たちが生きてきた時代を、同じようにロボットも歩んできました。それなのに、知らないことが多すぎるロボットの世界。本書は、前半でロボットの歴史を振り返り、AIとロボットの関わりを述べた後、現状と未来について話を進めています。
中嶋秀朗教授の専門はロボティクス。メカを自ら作り上げる技術系の研究者です。今回、超文系の私の問いに、嫌な顔一つせず丁寧に答えてくださり、それを反映してくださいました。ですから、本当に誰にでもわかるロボティクスの本となっています。
本書を読めば、「ロボットに仕事は奪われるのか?」といったような紙面を賑わせるような問いに、自分自身の考えが持てるようになるはずです。ロボットが実は大きく関わっている今の産業界を、俯瞰するための地図となる一冊です。